タグ:雑誌 ( 19 ) タグの人気記事
『SITE ZERO/ZERO SITE』No.3 「特集=ヴァナキュラー・イメージの人類学」。
b0055521_15125113.jpg

10+1でお世話になったメディア・デザイン研究所の飯尾さんより告知です。

---
「website SITE ZERO/ZERO SITE」http://site-zero.net/ にて、
『SITE ZERO/ZERO SITE』No.3 「特集=ヴァナキュラー・イメージの人類学」
(責任編集:田中純/特集企画:門林岳史|B6変型/全392頁/2,200円[送料・消費税込])の刊行案内を更新いたしました。

ご興味のある皆様が小誌をお手に取っていただければ幸甚です。
どうぞよろしくお願いいたします。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『SITE ZERO/ZERO SITE』No.3「特集=ヴァナキュラー・イメージの人類学」

- 責任編集:田中純(東京大学大学院総合文化研究科教授)
- 特集企画:門林岳史(関西大学文学部総合人文学科映像文化専修助教)


目次構成

[企画主旨]    門林岳史|ヴァナキュラー・イメージの人類学
[インタヴュー]        ジェフリー・バッチェン|「ヴァナキュラー・イメージの人類学」をめぐる問い
[論考]               唄邦弘|バタイユにおける人類学的イメージ
               増田展大|写真的身体鍛錬術──世紀転換期の身体表象について
               浜野志保|カレンベルクの写真ダウジング
               畠山宗明|アニメーションの詩学──セルゲイ・エイゼンシュテインと映画のヴァナキュラー
           石谷治寛|キャラ・ウォーカーの芸術と近代文化の黒い影
               長谷正人|「ヴァナキュラー・イメージ」と「メディア文化」──シミュラークルとしての「ルー大柴」をめぐって
               田中純|建てる主体の無意識──建築におけるヴァナキュラー
               佐藤守弘|〈転地〉としての考現学採集

[インタヴュー]        中沢新一|イメージの起源、再帰するヴァナキュラーの力

[論考]               門林岳史|イメージの2つの起源──認知考古学から出発して
[鼎談]               岡田温司×前川修×門林岳史|「ヴァナキュラー」という複数性の回路──「イメージ─身体─メディア」スキームを超えて
[翻訳]               ミリアム・ブラトゥ・ハンセン(訳|滝浪佑紀)|感覚の大量生産──ヴァナキュラー・モダニズムとしての古典的映画
               マリ=ジョゼ・モンザン(訳|長友文史)|われわれ人間を誕生させるイメージ

[投稿]                山本圭|現代民主主義理論におけるアゴニズムの隘路──シャンタル・ムフにおける敵対性なき闘技をめぐって
[連載]                南後由和|都市リテラシーの構築技法)|| コンスタントのニューバビロン×建築界(3)
                榑沼範久|知覚と生(4)|| 建築の生態学(1)
                田中純|セイレーンの誘惑──南イタリア、神話の呪縛圏(1)


- 装丁・本文デザイン|秋山伸[schtucco]w/optexture
- 編集・制作・発行|メディア・デザイン研究所
- B6変形/全392頁
- 2,200円(送料・消費税込)
- ISBN 978-4-9903206-3-8 C0330


小誌は「注文フォーム」http://site-zero.net/sales/order.php よりご購入いただけます。

[PR]
by tdysch | 2010-05-29 15:08 | F ch(情報)
名刺をデザインしました。
b0055521_0152988.jpg

http://maremagazine.blog90.fc2.com/
[PR]
by tdysch | 2010-01-11 00:11
窓現地勉強会。
b0055521_131289.jpg

[PR]
by tdysch | 2009-12-13 13:12
今日のテーマは「窓」。
b0055521_015676.jpg

[PR]
by tdysch | 2009-10-04 00:14
稀会。
b0055521_14491721.jpg

[PR]
by tdysch | 2009-09-05 14:48
恒例になりつつあります。
b0055521_7411196.jpg

[PR]
by tdysch | 2009-07-25 07:41
第2回稀会。
今回は深夜0:00からの打合せ。
にも関わらず参加メンバーが全員集合する素晴らしさ。皆の熱さに驚きです。
今後の動き方を皆で共有した後に、各自持ち寄った案を発表をする。
真夜中に10数名がファミレスに集って、熱い議論をしている様は端から見れば凄まじいだろう。
次回は、今回決めたテーマをもとに、それぞれのやりたい案を詰めていく事に。

今回持ち寄った雑誌で興味深い雑誌を発見。その名はエクス・ポ。
A4サイズのフルカラー16ページに、膨大なコンテンツを詰め込んだ「濃縮雑誌」とあるが、
雑誌のセオリーを全く無視し詰めるだけ詰め込んだ「濃縮雑誌」。
字が小さすぎて見えないけど、なぜだか何度も見返してしまう魅力とパワーを感じた雑誌。

http://ex-po.net/

b0055521_23144320.jpg

[PR]
by tdysch | 2009-07-10 23:01
紙が持つ強さとは。

先日はおおいに盛り上がった雑誌勉強会。
今日は某出版社と会合をすることに。皆の溢れる思いを伝えると、出版社の方も賛同して頂き、共にやりましょうと話はとんとん拍子に進む。出版側も自らが作り手でありながらなにかしらのジレンマを持って作成しているのかもしれない。このジレンマの回答は、素人だからできるのかもしれない。
会合の中で度々出た言葉「紙が持つ強さ」。この宿題に答えるため、次回はさらに詰めていこう。

[PR]
by tdysch | 2009-07-03 23:17
雑誌勉強会。

とあるきっかけで総勢12人が集まっての雑誌勉強会に参加。
テーマはずばり、「稀にみる雑誌をつくる」
今日の雑誌にいろいろ思う様々な分野の人たちが集まった。
建築、雑誌の編集、インテリア、ファンド、広告代理店、銀行の研究所、ファッション、アーティスト、、と集まった人のジャンルもバラエティが豊富。
それぞれの人が持ち寄った雑誌を読みふけり、みんなが思うことを自由に発言する。

伝説の雑誌とは?/雑誌の強さとは?/今の雑誌はどこがダメ?/各人のやりたい雑誌 タイトル
と話は進んだ。

その中で、自分は知らなかった雑誌に注目。それは「都市住宅」。
今でも著名な建築家たちが、自分たちが思うことを存分に表現されている雑誌。恥ずかしながら初めて知ったのですが、各人のエネルギーを感じた。

次なる目標に向かってじわじわ動き出す。


b0055521_1295165.jpg


http://totodo.jp/SHOP/D1-0101.html
[PR]
by tdysch | 2009-06-28 01:28