タグ:バスケットボール ( 12 ) タグの人気記事
伝統の一戦再び。
b0055521_13593428.jpg

Boston CelticsLos Angeles LakersのNBA Final が20年振りに今期実現。
日本で言えば、阪神VS巨人が日本シリーズで戦うようなもの。
しかし両チームは昨年、ともにプレイオフ不出場、Celticsに至ってはしばらくの低迷を続けていた。
今年は両チーム共積極的な補強をし、東西それぞれリーグ1位で通過し、プレイオフでも好調を維持し、見事Finalでの対戦に至った。
Celticsの11連覇、Larry Bird VS Magic Johnsonのレジェンド対決など、両チームのライバル関係の歴史は数え上げればキリがないほど。
僕はMichael Jordan世代なので、両チームの伝説は雑誌や話でしか聞いたことがない。
Michael Jordanが引退以降、NBAは衰退したと思っている。(個人的にファンだからということもあるが。。)日本人的には田臥のNBA挑戦は期待したが、それもなかなか難しいようだ。
そんな中、今シーズンは古豪の復活で個人的にはNBAも盛り上がっていくのではないかと思っている。

何はともあれ、緑色と黄色のユニフォームをFinalで見れるだけでワクワクする。


Link:http://www.nba.com/japan/
[PR]
by tdysch | 2008-06-05 13:44 | D ch(雑記)
X'mas Gameにふさわしく。
b0055521_2545256.jpg

ひさびさに試合を見る機会を頂いたので熱狂してみました。偉そうに語っていますが、あまりGameを見る機会がないので熱狂増長です。

現在好調のPhoenix SunsMemphis Grizzliesとの対決。Memphis Grizzliesは随分と長くエクスパンションチーム臭さが残っていましたが、チームロゴ、ユニフォームも一新しておしゃれになり、見た目に伴わず実力をつけているひそかにごひいきしているチームだったりします。僕個人的にはJason WilliamsBonzi Wellsかなりごひいきしています。 今回はその僕の中の注目チーム同士の対戦。

試合の方は僕のお気に入りの一人Bonzi Wellsは欠場?だったのかメンバーにも入っていませんでしたが、Sunsが現在リーグ1位らしさを見せつけ、これは勝負あったなという場面が何度も何度も。。というのもMemphisはじわじわと点差を詰め寄ってはSunsが突き放すという繰り返し。という展開なので見ている方は興奮冷めやらず。試合は結局Sunsが逃げ切りという結果に。
この試合を見ても解説者倉石平氏(なつかしい。。)も言っていたように、Memphisは現在リーグ1位のチームに対してもいつもと変わらないチームカラーで挑んでくる自信を見ても昔のおもかげなどは全く残っていない強豪チームであるという印象を強く持った試合内容でした。

近い将来この2チームがウェスタンのファイナルに進むなんてことが。。
そしてこの願いが叶うなら、この中に田臥がいてくれたら。。となんだかわくわくする試合でした。


Link:NBA.com

[PR]
by tdysch | 2004-12-25 22:54
"23"_December。
b0055521_392915.jpg誠に勝手ながら23にちなんで僕の最もrespectする男、Michael Jordanのことについて数々の栄光の記録や幼少のころのこと、様々な由来など語らせてもらいます。

今回は数字にちなんだお話を。。
高校時代から続くJordanの背番号"23"は兄Larryの背番号"45"からくるもので、当時彼は兄の半分でもおいつきたいということからこの番号を選び、この"23"が後に世界中の記憶に残る数字となった由来である。
1回だけ試合中にユニフォームを盗まれたことがあったとき急遽選んだユニフォームは"12"。これまた"23"の半分ということであるのか。。数字というものは不思議なものでこのときの写真を見たとき一瞬Michael Jordanではないのではないかと思ってしまうくらい"23"は彼のものになっているのである。あのReal Madredに入団した貴公子David Beckhamの背番号が23になったときにもJordanにちなんだものではないのかと別のカテゴリからでも騒がれたほど"23"は彼のものである。
しかし。。
引退した後カムバックを果たしたときの背番号は45
メジャーリーグ挑戦のときの背番号45
ドリームチーム時の背番号9=4+5
と、何か新しいactionが起こるとき彼は、決まって"45"から始まるわけで本人は23よりむしろ"45"にこだわる過程で"23"という結果に至っているのだけなのではないだろうかと。。
つまり彼の中で"45"という数字の方が彼にとっては大きいものであるのでしょう。
しかし僕の中の"23"はとても大きなもの。それは僕の過程にはつねに輝かしき"23"がついていたから。。


b0055521_273394.jpgちなみに僕の現在所属するチームでの背番号も45。それはなぜかって。。
それも僕の過程だから。。

[PR]
by tdysch | 2004-12-23 23:23
青春よ再び。
b0055521_2047165.jpg
ある会話がきっかけとなり、僕のSD熱が再燃してしまいました。気がつけば読破。。
そちらでの僕のコメントを少し引用。。

現実的にNBAにも勝てるような僕なりのSLAM DUNKベスト5。。
PG 牧
SG 沢北
SF 河田
PF 赤城
C  森重
少し解説をしますと。。仙道のPGてのもかなり見てみたいのですが、やはり帝王牧には少しおよばずでSGと兼用で控えということで。SGに関しても沢北と流川で非常に悩みましたが、現実的に安定感と爆発力のある沢北で。SF、PF、Cはフロントラインと呼ぶのですが、ここはけっこうゴリゴリなメンツに。なんせ職業柄なので。。SFには顔に似合わずオールラウンダーの河田。PFには以外にミドルもいける赤城。Cの森重に関しては全くの未知数ですが、やはり彼は日本の宝になるらしいですから期待を込めて。。控えには上背ありながら器用な花形がいいかなと。桜木をどこに入れるかが非常に難しい。きっと今頃はもっと成長しているのでしょうが。。


会話中の質問にて。
「海南大付属は全国2位であるが全国1位は?」
非常に悩みましたが、限られた情報の中で考えられるのは。。
名朋工業/愛和学院/大栄学園 堀のモヒカンも非常に気になるのですが。。
やはり順当に考えて名朋工業ですかね。。表彰式を見る限りでも背の高い選手揃っていましたし、静岡1位の昨年ベスト8の常誠もなんなくねじふせているのを見るとやはり。。

ひとつの手がかりとして全国大会のトーナメント表があります。
海南大付属とベスト4であたるチームは必然的に優勝はないので愛和学院や浦安商業は消えます。
とすると順当ならば名朋工業VS堀と大栄学園の勝者、反対側シードの博多商大付属の対決によりその勝者が優勝。。

といいたいところですが、忘れてはならないのが今大会の会場である広島。インターハイは地元の利が働くことの多い大会。地元出場校のひとつである湯来工業はおしくも1回戦敗退となりましたが、もうひとつの出場校である鯉川高校が富房高校に勝った大栄学園を接戦の末勝利し、続く堀にも勝ち、あの森重率いる名朋工業との試合でもフリースローの苦手な森重に対し、鯉川高校は"HUCK A MORISHIGE"を適用し、フラストレーションのたまった森重はたまらずファール連発。しまいには退場してしまい、鯉川高校大金星。勢いに乗ったまま地元新聞にも取り上げられたこともあって地元住民を含めた大応援団を中心に観客を味方にした鯉川高校は見事地元優勝を果たしました。。とさ。


上の写真ですが単行本ついでに久々に見ましたが、いつ見ても空きませんね。かなりいいですよ。僕の宝物のひとつです。
こちらにもヒントがいろいろ隠されているかもしれません。


Link::::INOUE TAKEHIKO ON THE WEB:::

[PR]
by tdysch | 2004-12-23 18:45 | D ch(雑記)
突然の通告。
b0055521_16211450.jpgコンビニにて買い物をすまし、レジにあるテロップ付きのニュースをふと見ると、なじみのある名前と衝撃のニュースが。。

「田臥解雇」

もし彼が日本人でなく、例えばほとんどベンチで過ごす1アメリカ人であればNBAにある小さな、誰にも語られることもない出来事。当然僕の耳にも入る事はありませんし、試合を眺めていても大量得点差による敗戦処理の選手であるという程度でしか興味もありません。
冷静に考えると運が悪かった。それだけだと思っています。
彼が入団したときSUNSは弱小チームだった。そして再建の中にあるチーム状態だった。そのため彼の入団はある意味救世主の一人、チームを盛り上げる一人としてチームは期待していたに違いない。しかし蓋をあければSUNSは今でも快進撃を続ける強豪チームとなり、気がつくと田臥の席はなかった。。

必要がなければ時期なんて関係なく容赦なく切っていく世界、それがNBA。とても僕としても悔しい出来事ではあるのですが、当の本人が誰よりも一番悔しがっていることでしょう。そんなことを心に秘めながらも過程の1つであると彼はさらりと言いのけてしまうでしょう。

解雇されたからといって田臥の挑戦は続く。これからもバスケットボールという形でみなに勇気と希望、そして"American Dream"を示してくれることを願う。。

Link:Excite news

[PR]
by tdysch | 2004-12-19 17:03
NO.1アスリート。
b0055521_16174512.jpgPHOENIX SUNSの快進撃に隠れて、チーム1の人気を誇る選手、いやゴリラがいます。

すべての球団にマスコットが存在するのですが、全球団のマスコットの中で最もアスリートであろう彼。しまいにはプロフィールまで持っているすごい奴。
全チームはこの選手、いやゴリラが出てきたら要注意です。




こんなすごいダンクだってできちゃいます。
b0055521_16145612.jpg


Link:
NBA.com

[PR]
by tdysch | 2004-12-13 16:24
久しぶりの。
b0055521_2565936.jpg
朝日新聞から。

11月8日以来実に32日ぶりの故障者リストからの出場再登録を果たした田臥勇太。試合数にして17試合ぶりの復帰となりました。
現在田臥の所属するPhoenix Sunsは現在絶好調。17勝3敗とリーグ、もちろんディビジョンでも首位と快進撃を続けています。 個人の成績を見ても、 Steve Nash は月間MVPに加えてリーグ アシスト王、Amare Stoudemireリーグ1試合得点数3位、 Shawn Marionリーグ1試合リバウンド数3位(2004/12/12)とすべてのタイトルに顔を出すのもうなずける成績となっています。

この成績を見ても田臥の入るすきなどないような気もすると思いますが、Sunsは各ポジションに少々かたよりがあり、特にセンターのポジションには人材を欠いており、その影響もあって田臥の故障者リスト入りにもなったという経緯なのです。
なのでこのままこの好調を維持できるかは少々疑問が残るところ(自論)。。チームが不調となったときにこそセンターを補強して解決するのではなく、チームのカラーであるラン&ガンオフェンスを変える事なく田臥がチームのジョーカーとなって救ってくれることだと信じています。

現在2005年2月20日に行われるNBAオールスターのファン投票がWeb上にて投票ができます。もしお気に入りの選手がいるなら1票してみたらもしかしたら自分のお気に入りの選手がメンバーに選ばれているかもしれませんね。


Link:
NBA.com
NBA All Star Balloting 2005

[PR]
by tdysch | 2004-12-12 11:47
日本のプロスポーツ界再考。
11月24日、日本の男子バスケットボール界に2つのリーグが並行することとなりました。
今まではバスケットボール日本リーグ機構(JBL)ひとつでしたが、新たに日本初のプロバスケットボールリーグ「bjリーグ」を発足しました。2005年11月に開幕する予定でJBL2部のチームを中心に6チームが参加するということです。
参加するチームの中にみなさんも聞いた事がある名前が。。新潟アルビレックス。そうです、Jリーグにもいるアルビレックス新潟の姉妹チームのバスケットボールチームです。最近は野球チームをつくるとかつくらないとか…
日本のスポーツでこのような他の競技にもチームを持っている例は少ない。しかしこのような地域密着型の多種目を持ったチームが増えてくれば日本も「スポーツ」というひとくくりでもっとおもしろくなると思うし、まちの誇りとしてもっと地域全体でチームを応援するであろう。

諸外国のチーム事情を見てみると例えばサッカーで有名なFC Barcelona(最近お気に入りのチームです。)にはなんとサッカーチームの他に、
Football/Basketball/Handball/Ice Hockey… などなど

b0055521_22211780.jpg例えばバスケットボールのチームならこんなかんじ。ちょっと不思議なかんじです。
しかし諸外国のスポーツ事情を見ると、ヨーロッパを中心にこのようなことは当たり前。

日本も新潟アルビレックスを見習ってもう一度考えるべきではないでしょうか?

そうしたら昨今のプロ野球の問題だってどうにかできたかもしんないのに。。
Link:
JBL
bj League
新潟アルビレックス
FC Barcelona

[PR]
by tdysch | 2004-11-25 22:26
"23"_November。
b0055521_261679.jpg誠に勝手ながら23にちなんで僕の最もrespectする男、Michael Jordanのことについて数々の栄光の記録や幼少のころのこと、様々な由来など語らせてもらいます。

まずは簡単なプロフィール

1963年2月17日、ニューヨークブルックリン生まれ
198cm/88kg
ノースカロライナ大学出身
1984年NBAドラフト3位でシカゴブルズに入団


ここでひとつ豆知識。バスケットボールの"神"と呼ばれているJordanですが、上でも書いたようにドラフト3位で指名されています。この1984年ころまでの時代はセンターからチームをつくることが定説とされていたためいくらJordanといえども1番での指名はされませんでした。ちなみにこの年の1位はHakeem Olajuwonで2位はSam Bowieという両方ともセンターのポジションでした。
Olajuwonを指名したRocketsはともかくBowieを指名したBlazersは後にNBA至上最大の失敗と言われたことは言うまでもありません。。

これからも23にはやって行こうと思います。ここだけはもう自己満足の領域です。
時間もちょうど02:03みたいな。。


[PR]
by tdysch | 2004-11-23 02:03 | D ch(雑記)
今日の見どころと思ったのですが。
b0055521_363830.jpg
今日も民放にてNBAが放映されるということでSUNSを紹介しようと思っていたのですが、どうやらやっていないようです。やはり田臥勇太の故障者リスト入りの影響でしょうか。。
ですが、今日も紹介していきます。

NBAに詳しい方なら次はShawn Marion あたりかと思うかもしれませんが、今回は田臥勇太を故障者リストへ送り去ったにっくき男背番号46番Bo Outlawを紹介します。
彼はいわゆる"Journey Man"です。直訳すると旅人。字の通りいろいろなチームを飛び回っていることを言います。これまでの経歴を見てもLA Clippers、Orland Magic、Phoenix Suns、Memphis grizzrlies…といろいろなチ−ムを渡っています。SUNSにも以前いました。
経歴を見てもわかるようにベストパフォーマンスは2000-2001シーズンでしょうか。当時はMichael JordanからShaquil O'nealまでポジションを問わずガードからセンターまでのらりくらりとした抜けそうで抜けないディフェンスで相手を困らせていました。
僕としては次のDennis Rodmanになりうると期待していたのですが、最近ではあまり見かけませんでした。彼もNBA14年目、33歳になり今どのようなプレイしているのかは僕にもわかりませんが、もし自分のお気に入りの選手がOutlawにつかれることになったらくれぐれも気をつけましょう。

[PR]
by tdysch | 2004-11-19 02:43