タグ:スタディ ( 85 ) タグの人気記事
tdy's croquis。
横から見ると。。
b0055521_9451520.jpg

Land scape
Agri scape
Techno scape=void/sky walk

[ground]
private park:庭園
単位空間の拡張
buffer/function
grid
mosaic
material
gradation of human/nature

隙間



[facade]
smell
sewage farm
鍾乳洞

[scale]
1/200
1/500
1/1000

内側からプロジェクトを考える。
既存の樹木をどうプロジェクトに置換するか?
建築と植栽の関係

[PR]
by tdysch | 2004-12-14 23:00 | Ar ch(建築)
tdy's semi。
我未ダ課題山積ミ也。来タル晦日半月也。。
b0055521_1731942.jpg

Land scape
Agri scape
Techno scape=void/sky walk

[ground]
private park:庭園
単位空間の拡張
buffer/function
grid
mosaic
material
gradation of human/nature

隙間

[facade]
smell
sewage farm
鍾乳洞

[scale]
1/200
1/500
1/1000

内側からプロジェクトを考える。
既存の樹木をどうプロジェクトに置換するか?
建築と植栽の関係

[PR]
by tdysch | 2004-12-11 17:33 | Ar ch(建築)
大きさを緩和するツール。
b0055521_1355516.jpg
写真1枚では納めきれない大きなプロジェクトエリア。神の眼のみぞ知るこの大きなプロジェクトエリアをなんとか人の眼に落としたい。
その解決法はわからないまま、この小さな目標を達成すべくとりあえず手を動かす事で模索してみることに。


b0055521_14184614.jpgとりあえず出力してみた僕の身長ほどの大きな紙にこれまで行ってきた調査を大きな図面の中に書き込んでみる。エリア内の動線(人の動く場所、車の動く場所など)や高低差をどんどん書き込んでみることに。





b0055521_1418545.jpgとりあえず出力してみた僕の身長ほどの大きな紙にこれまで納めてきた写真をカッターで切り、それぞれ貼付けてみることに。






b0055521_1419378.jpgと同時にとりあえずこれまでの木のプロットをパソコンにデータ化してみることに。


これまでそれぞれ断片的に行ってきたそれぞれの行為を、すべての作業を同時に行うことでまた「紙」という2次元に落とす事で全体像が見えてくる。。

それにしてもパソコンの画面を写真とるとすごくモアレるんだなあ。

[PR]
by tdysch | 2004-11-21 13:55 | Ar ch(建築)
最近モザイクにはまってます。
本来「mosaic」とは寄せ集めの意味を持ち、映像などの処理でもセルの荒さを処理する操作として用いる。
一見ネガティブな言語を持つ操作であるのですが、この行為が持つ「偶発的な操作」に僕は建築的な手法として最近惹かれています。
この数年、偶発的いわゆるいい意味での「適当さ」に興味を持っています。順序だてた操作でなく、同時多発的に起こる現象に。それは時系列を対象とせずに対処できうる操作なのでもあるのではないかとも考えています。またユニバーサルスペースの概念とは異なる、いわば限定な非限定の場の意味を持つものであると捉えています。
その操作によって人が本能的にお気に入りの場を求めるということを期待しているわけです。

そもそも建築が人の行為に対して1対1で対応しうるのか?ということに僕は建築という学問に出会ってから今でも疑問を持ち続けています。そんなに人は思いどおりに行動するものではない。いくら統計からでたものがあったとしてもあくまで平均である。少なくとも僕はそういう人間であるから。。。


こんなものもモザイク?だからこういうものにも惹かれるのかなあ。
b0055521_10252388.jpg


b0055521_10253451.jpg



b0055521_1028203.jpg
mosaic park 2004/10/30
[PR]
by tdysch | 2004-11-10 10:27 | Ar ch(建築)
プロットしてみる。
b0055521_21174163.jpg

今日はプロジェクトエリアの調査のため品川へと足を運ぶ。

今日のテーマは敷地内にある木を数えること。
始めはただやみくもに数えてみたが、この作業けっこう大変だなと改めて実感。
しかし数えてみると次第に法則が見えてくる。
はじめは同じものにしか見えなかった樹木がこれケヤキかな?というようにわかってくる。

今まで周景でしかなかった樹木。今日初めて樹木と向き合った気がしました。
黄色や赤や緑、太い木、高い木、ほそい木いろいろな木が見えてくる。

今は秋、紅葉はいいものですと、のんびりしていたらもう閉園時間。
次は朝から来よう。
b0055521_21172887.jpg


こちらは今回の調査のため友人から急遽借りたもの。
板の上にはいろいろな単位が書いており普段では使わないけど、いざっていうとき忘れちゃいそう…なかんじの単位がちらほら。
透明な板が木々を映しこんで新しい模様に。きれい。
今日はこれにたくさん助けられたよ。ありがと。
b0055521_21184648.jpg


[PR]
by tdysch | 2004-11-09 17:42 | Ar ch(建築)