<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
無題。
b0055521_2554989.jpg

[PR]
by tdysch | 2008-08-26 02:55 | D ch(雑記)
食い倒れ。
b0055521_259858.jpg

b0055521_2592275.jpg

近所においしいつけ麺屋さんがあるのを知り、ブランチがてら向かう。
が、お肉屋のお惣菜に捕まり、両方食べる羽目に。
最近健康になったので、欲望のままに全て頂きます。

b0055521_333779.jpg

夕方は結婚式の二次会のパーティに出席。おなじみのフットサルチームのセビジャーナスのメンバーとともに。最近は全くご無沙汰してるフットサルなのに、いつも温かく迎えてくれるメンバーに感謝。新郎新婦を迎えるため暗くなった会場の入口で、コウコウと光る非常誘導灯がやたら気になる。会場の入口と避難口は兼ねちゃあかんなと実感するとともに何かに使えるとも思ったり。

[PR]
by tdysch | 2008-08-23 02:56 | D ch(雑記)
無題。
b0055521_2544531.jpg

[PR]
by tdysch | 2008-08-20 02:54 | D ch(雑記)
だんだんと明確に。
落合の紹介で翻訳家の 松本晴子 氏と会食をする。
建築ノートにも記事を連載されているそうで、異なる分野から建築に携わっているという点が自分たちと共感できる点もあるのか?会は終止話は尽きず。

メディアの重要性。文書きからの意思発信の可能性。

最近はPEA...のプレゼンテーションも様になってきた。まずは実施からと活動を行ってきた事もあり、自分たちの中でもだんだんと明確になってきたからだろう。

[PR]
by tdysch | 2008-08-18 02:13 | D ch(雑記)
課外授業。
b0055521_242832.jpg


More
[PR]
by tdysch | 2008-08-16 02:52
格闘。
b0055521_240336.jpg

久々に長期間の風邪を引いてました。
小さい頃から健康だけが取り柄だと自分を過信してたのが仇となった。
そんなときに購入した体温計。
普段は必要性は全くない体温計だが、体温の調整の効かない自分の体を数分ごとに祈りながら数値を見る日々が数日続くのでした。。

[PR]
by tdysch | 2008-08-13 02:39 | D ch(雑記)
立ち位置。
b0055521_1155227.jpg
静岡の下田にある、昔からある蔵を使ったプロジェクトにPEA...として参加することに。
写真を数枚見せてもらい、いろいろなイメージが膨らむ。魅力的なまちは至る所に残っているのだなあと改めて実感。

「家守」という聞いた事のない興味深い立場を知る。最近はまちづくりの一貫としていくつかの町でも実践されている取り組みだそうで、東京でもCETなども同様の活動の様だ。

最近、大勢の人が絡むプロジェクトに参加するとき「立ち位置」が重要だととても感じる。もともとPEA...の取り組みも現在は多岐にあたり、当事者である自分でもよくわからくなるときがある。自分たちが何を求められているか、どこで貢献できるか、どこまでやるか、などを早く嗅ぎ分ける力を持ちたいと思う今日この頃。

[PR]
by tdysch | 2008-08-12 23:34 | D ch(雑記)
蹴【kelu】 vol.1。
前回は行く事ができなかったので、今度こそ。

蹴【kelu】 vol.1
2008年9月2日(Tue)@shibuya O-EAST
open 18:00 / start 19:00 / close 21:30
前売2,500円 / 2F前売指定3,500円 / 当日3,000円

Link:shibuya O-EAST

こんなイベントもあるらしい。
Link:http://alldaymag.com

[PR]
by tdysch | 2008-08-05 23:36 | F ch(情報)
早めの行動。
b0055521_2332336.jpg
b0055521_23324547.jpg
b0055521_23325996.jpg
b0055521_2333986.jpg
b0055521_23331675.jpg

[PR]
by tdysch | 2008-08-02 23:31 | D ch(雑記)
現実談義。
b0055521_2219302.jpg
photo by Henri Cartier-Bresson

ひょんなことから、今日友人と語らった。
友人は子供の頃から「現実」が何なのかわからないのだと言う。
目の前にある建物、街、自分の体まで現実という目に入るモノが何なのかわからないと言う。
そんな彼の悩みを解決してくれた写真がコレ。
彼も写真を撮るのが好きらしいが、カメラを取り出す瞬間に、シャッターを押す瞬間に目的の写体からは離れていると言う。

僕は「現実」がわからないのは、「裕福」だからだと思う。日本でいえば、今目の前にあるもの全てがヒトが作られたモノに囲まれて、最近では土を踏む機会もない。そりゃアスファルトで全部土を覆ってしまえば暑くなるのも当たり前だ。そもそも発展途上国では生きる為に生きておるわけで、それが生物の定めなわけだ。余裕があれば生きる為に余計な事を考える余裕も出てくるモノだ。。

などなど、ウイスキーを片手にしながら、語らいは夜まで続いた。

[PR]
by tdysch | 2008-08-01 22:20 | D ch(雑記)