<   2005年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
思ひ出の1枚。
b0055521_31651.jpg

なつかしの写真を頂きました。
たまにはこの雑然とした風景を見て振り返ろうと心に誓うのでした。

[PR]
by tdysch | 2005-03-28 03:05 | D ch(雑記)
1夜明けて。
学部時代も含め、3年間じつに自由気ままにやらせて頂きました。今年も最高の精鋭たちとともにはじけちゃいました。うはうはもしました。
大きい手土産を持ってまたこの地に帰ってきたいと思います。

b0055521_341256.jpg

I Lab Motosugi !

[PR]
by tdysch | 2005-03-26 23:00 | D ch(雑記)
"23"_March。
b0055521_539438.jpg

垂直跳び:120cm
滞空時間:3秒

記憶というものは案外あてにならないものである。というのも当時は驚きのdunkであったフリースローラインからのdunkは今ではNBAの選手ならVince Carterをはじめ、例年のdunk contestをご覧になればわかるように珍しいものでもなくなっている。それでも多くの人にMichael jordanがdunk artistとしての記憶を脳裏に焼き付けていることが人の記憶がいかに当てのならない証明でもある。

[PR]
by tdysch | 2005-03-23 23:23
大画面で知る。
b0055521_9273326.jpg

先日にも触れたようにAD2005に参加しました。
卒業を間近に控えた最後の?プレゼンテーションの場を頂きました。

いやあ、おおきかった。。


special thanks! by dotsu bokujo.

[PR]
by tdysch | 2005-03-11 03:26 | Ar ch(建築)
今さらですが。
b0055521_1145676.jpg

こちらは明日行われる展示会ではなく、先日行われた審査会にての展示写真です。
そういえばこれまで行ってきたテーマはここでは明かさずにいたのですが。。

ー下水処理場上部における都市型の農業公園の設計ー

あまり固定概念を持った上で意見を頂きたくなかったので、また完成型ができた上で明かしたかったこともあり、今まで暖めておきました。
これまでなんの写真だかわからずに、また何を語っているんだかわからずにコメントをくれた方々には多くの意見参考になりました。ありがとうございました。

なかなかかっこいい作品になったと思いますので明日生で見ていただけると僕としてはうれしい限りです

自分の野望を人に共感させることですか。。
目下、今の僕の課題です。。

[PR]
by tdysch | 2005-03-09 23:44 | Ar ch(建築)
今年もあります。
b0055521_21514325.jpg

卒業生のための展覧会AD2005が今年も開催されます。

ということで僕も参加することにしました。お暇な方は是非。


公開審査:3月10日(木)14:00〜 駿河台校舎1号館CSTホール
作品展示:3月9日(水)12:00〜18:00,10日(木)10:00〜14:00 駿河台校舎1号館CSTギャラリー

guest
:アストリッド・クライン
: 小泉雅生
:佐藤光彦
:曽我部昌史
:杉千春
:西沢立衛

詳細はこちら

所在地 :〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
交通 :JR中央・総武線「御茶ノ水駅」、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」下車徒歩3分/都営新宿線「小川町駅」下車徒歩7分


[PR]
by tdysch | 2005-03-06 22:00 | Ar ch(建築)
完全燃焼。
したんじゃないかと思います。

当初の野望のひとつであった修士設計と同時にblogを行って行く事。とてもできませんでした。にも関わらず、なにも更新していないのに見ていただいた方々にはすいません。これからこつこつ更新して行きます。。
自分のblogを見る暇もなく、回線つながっているのにvectorworksとひたすら向き合う日々。。


そして向き合えば向き合う程出てくる穴。建築を追求する事は無限大の行為であり、そして期限というひとつの枠組みの中で今自分の手にあるものを最大限に魅力的にプレゼンしていくことが最終的に勝者になりうるものだということを終わってみて改めて実感しました。

ということでまだ終わっちゃあいない。このプロジェクトを最大限に引き立てるため日々昇進あるのみ。

自分の好きなことにこんなに向き合える日々は今後ないと思います。このmega eventを乗り切った事は大きな力になったんだろうという確信があります。


さいごに。
お手伝いしてくださったみなさんありがとうございました。ぼくを踏み台にしていろんな経験できていたらうれしいかぎりです。
野望はもつべきです。誰に何言われようとも自分を信じていれば必ず報われるはずです。
自分を否定するやつをひねりつぶす力を学生の間に備えてがんばってください。

[PR]
by tdysch | 2005-03-06 12:05 | D ch(雑記)