<   2004年 12月 ( 45 )   > この月の画像一覧
カウントダウンは横浜にて。
b0055521_2354822.jpg今日BankART1929が馬車道ホール(旧富士銀行横浜支店)の建物を使う最後の日となりました。。
ということで大晦日の今夜、最初で最後のカウントダウンパーティーを行うということでしたのでおじゃましました。
突然のおじゃまにも関わらず、横浜の地ビールである"ぶどう"からつくられたビールを早速頂き、いつものように雑然と並べられた椅子を持ち出し地ビールを堪能。会場内にいる人それぞれがそれぞれお気に入りの椅子を囲み、お気に入りの布団に寝転がり…とそれぞれ相変わらずの楽しみ方で今年の最後を過ごしていました。BGMも鳴り止み、変わって時報が会場内を包み、3.2,1...とあっけなくですが、2005年をみなさんと迎えることができました。。

この1月から馬車道にかわって使用する海に面した「BankART Studio NYK」(旧日本郵船倉庫)に生まれ変わるということなので、場所を変えても日本ではなかなか味わえないだらりの雰囲気を期待しつつ、またいつかふらりと訪れてみたいなと思っています。


Link:BankART1929

[PR]
by tdysch | 2004-12-31 23:55 | D ch(雑記)
おつかれさまですと。
b0055521_22593813.jpg僕の所属するフットサルチームSevillansの今年の反省会と称し、
いつもは髪を切ってもらう椅子を
いつもは髪を洗ってもらう椅子を
いつもは飾りとしてインテリアの一部だった椅子を
円陣に組み、
ついでに足りない席数をキャンプ用の椅子で継ぎ足し、美容室にて忘年会スタート。
天野さんの奥さんからの突然のおいしい煮物を中心にみなで用意された料理たちをつつきながら、みなでテレビを囲み今までの試合のビデオを見ながら、己の醜態を反省しながら、沸き上がる蹴り感情を止められず柔らかボールを蹴り飛ばしたりダーツで遊んだり。。

会が終わっても勢い止まらず、マツケンサンバで占め。

[PR]
by tdysch | 2004-12-31 05:57 | D ch(雑記)
訃報。
僕の愛機、故障というか破損。。
年末だけにいつ帰るかわからず。。
最近僕の右腕と化していただけにそのショックはかりきれず。。


Link:olympus

[PR]
by tdysch | 2004-12-30 14:45 | D ch(雑記)
4時間半の論議。
b0055521_4495670.jpg
今年も年末恒例の「激論バトル!!朝まで日本サッカー応援宣言」。
サッカー日本代表についてサッカー界の大御所からサッカーファンの芸能人までゲストに加えた企画。いつもこの時間は政治などを討論しているのですが、スポーツという分野で体を使わずに口だけで勝負が繰り広げられる企画を見てもう3年ほど経ちます。

そこでの日本代表に課されたひとつの課題。
「コミュニケーションが足りない。」
この課題は幾度も言われている事ですが、サッカーの選手に限らず日本人の特性として言われることであるのではないかという提言が出されていました。

チームという団体の中で自分がやりたいことを主張すること、このことを日本代表というトップがスポーツという媒体を通して是非とも日本人に示してほしいものです。

そんな事で企画の中にあった日本代表ベスト11を僕も。。

FW       平山

      中村  中田
MF 三都主        加地
      稲本  小野

DF   中澤  宮本  坪井

GK      楢崎

あくまで2006年用です。WE用です。。


Link:激論バトル!!朝まで日本サッカー応援宣言

[PR]
by tdysch | 2004-12-29 04:53 | D ch(雑記)
今年も恒例。
b0055521_43192.jpg
僕が研究室に所属してから早や3年もの月日が経ちましたが、3度目の教授宅での忘年会。いつもは建築というひとつの共通する分野に置いている、世代や立場の異なる者同士が集まり、おいしい料理を頂きながら建築のことから雑談まで。。
毎年参加する者は変われど、変わらない雰囲気に感謝をしながら、またいつかこの場に大きなみやげを持って戻ってきたいなと思う年末の楽しい会でした。

[PR]
by tdysch | 2004-12-29 01:02 | D ch(雑記)
段球ドライブ。
b0055521_14322321.jpg
帰宅後再び車にてスタジオへ戻り、これまでの自分の作品などを持ち帰る。
僕の思い出とともに蓄積されていく模型の山。。
自宅にて持ち帰り積んでみると天井まで届く、なんとも壮大な段球建築の出来上がり。。

[PR]
by tdysch | 2004-12-28 04:30 | D ch(雑記)
来客万歳。
b0055521_13183365.jpg
今日はいろいろな方がスタジオに訪ねてきました。
以前TAにて面識のある現在2年生の建築学生(僕は"後輩"と呼ぶのが好きではないのですが、言葉が思い当たらないので以下"後輩"と呼ばせてもらいます。)の来客。
カフェに場所を移して設計課題のお話などをしていると、1人また1人と参加者は増え、いつの間にやら1つの作品を通して小さなdebateがカフェ内にて開催。
来客した彼からは前から来るという話があったのですが、他の2人の後輩は不意な出来事。僕はこういった偶発的なことは大好きで、世代の異なるdebateは大変おもしろいもので僕も含めて対等に持論を披露し、他の持論が反応するという連鎖行為が僕にとても刺激を与えてくれます。

僕が以前から少し憤りを感じていたこと、「自分の作品になぜそんな人の顔を伺うのか?」とても疑問です。
なぜみなで持ち寄って自分の作品を自慢し合い、みなでその作品をつぶし合わないのだろう?
なぜ自分の分身である自分の作品をひた隠すのだろう?
なぜ"先生"の顔ばかりを伺っているのだろう?
"先生"に褒めてもらうごときのためになぜわざわざ何日も眠らずに取り組めるだろう?

それはセンスとか才能とか模型の精度とか建築が建つかとかそんなことではなくて、形として自分の野望や熱情を表現すればいい、それだけのことではないのでしょうか?
もし自分が好きな人に告白をするとき、少なくともそんな態度では望まないだろう。自分をかっこよく、またかわいく装うだろう。

設計課題は革命である。模倣ではない。少なくとも僕は常にそう思っています。

1人の後輩が持っていたカスタム作成された奇怪なpremini。いつのまにか忘れていた簡単なこと、ぼくらは"もの作り家"であることを気づかせてくれるツールでした。


一連のdebateを終えた後、スタジオにて昨年卒業した先輩が来客。
昨年の修士設計でお世話になった先輩は学年は1つ上でも同い年の不思議な関係。(僕がわがままやらせてもらっていただけなのですが…)相変わらずの宮崎県なまりが1年前の一連の出来事を思い出すと同時に、僕にもその時期が迫ってきていることを感じ実に1年は早いものだなあと。。1年前のときの状況を聞きながら、現在の状況などを聞く。
現在ある現場を担当しているということで、現場を通しての建築のおもしろさ、そして現実というギャップを感じていると言いつつも変わらない笑顔に、自分のこの先の未知なる展望に期待が膨らみます。

発想というambition
現実というreality
そんな2つを体感できた1日でした。

[PR]
by tdysch | 2004-12-27 22:40 | D ch(雑記)
tdy's croquis。
b0055521_3292218.jpg
今日は代々木までGA galleryにて開催されている「第13回〈現代日本の建築家〉展」に足を運んでみました。最終日です。
久しぶりに展覧会に行くのでとても楽しみ…と行ってみると、
あれ?
うん?
もう終わった。。
という瞬時の出来事。。
croquisも瞬時の出来事に白紙のまま。。

ワンコイン久しぶりの無駄遣い。。


みなさんはどう感じたのでしょう??


Link:GA gallery

[PR]
by tdysch | 2004-12-26 23:39
X'mas Gameにふさわしく。
b0055521_2545256.jpg

ひさびさに試合を見る機会を頂いたので熱狂してみました。偉そうに語っていますが、あまりGameを見る機会がないので熱狂増長です。

現在好調のPhoenix SunsMemphis Grizzliesとの対決。Memphis Grizzliesは随分と長くエクスパンションチーム臭さが残っていましたが、チームロゴ、ユニフォームも一新しておしゃれになり、見た目に伴わず実力をつけているひそかにごひいきしているチームだったりします。僕個人的にはJason WilliamsBonzi Wellsかなりごひいきしています。 今回はその僕の中の注目チーム同士の対戦。

試合の方は僕のお気に入りの一人Bonzi Wellsは欠場?だったのかメンバーにも入っていませんでしたが、Sunsが現在リーグ1位らしさを見せつけ、これは勝負あったなという場面が何度も何度も。。というのもMemphisはじわじわと点差を詰め寄ってはSunsが突き放すという繰り返し。という展開なので見ている方は興奮冷めやらず。試合は結局Sunsが逃げ切りという結果に。
この試合を見ても解説者倉石平氏(なつかしい。。)も言っていたように、Memphisは現在リーグ1位のチームに対してもいつもと変わらないチームカラーで挑んでくる自信を見ても昔のおもかげなどは全く残っていない強豪チームであるという印象を強く持った試合内容でした。

近い将来この2チームがウェスタンのファイナルに進むなんてことが。。
そしてこの願いが叶うなら、この中に田臥がいてくれたら。。となんだかわくわくする試合でした。


Link:NBA.com

[PR]
by tdysch | 2004-12-25 22:54
フロムサンキ。
b0055521_2315635.jpg

Merry Christmas!
[PR]
by tdysch | 2004-12-24 23:32 | D ch(雑記)