カテゴリ:Ar ch(建築)( 58 )
オープンハウス。
b0055521_15173647.jpg

[PR]
by tdysch | 2009-09-15 15:17 | Ar ch(建築)
PAKO展。
ある展覧会があるということで、打合せの前に急遽ここへ向かうことに。
3m角のスモールハウスの展覧会。
b0055521_10495070.jpg
b0055521_1050026.jpg
b0055521_1050832.jpg
b0055521_10502393.jpg

会場は、幾つかの業種がシェアした事務所で普段はアトリエやショップも併設されているということで、どこまでが境界かわからない楽しい居場所。少しうらやまし。
b0055521_10503785.jpg
b0055521_10504747.jpg

http://paco.bz/index.html
[PR]
by tdysch | 2009-02-06 22:51 | Ar ch(建築)
寄り道、見学。
b0055521_23415381.jpg

僕も昼飯ついでに外観だけだけど見学に連れていってもらう。
エントランスから各住戸の入口へ向かうT字路は集合住宅なのに不思議な、というかなぜだか聖なる雰囲気の空間。
住んだら得した気分になるだろうな。
「森のとなり」だし。
とりあえず僕は今日得をした。


[PR]
by tdysch | 2008-07-24 23:41 | Ar ch(建築)
オープンハウス他。
b0055521_21513434.jpg

藤村龍至氏のオープンハウスへ高円寺へ。
1階は店舗、上は共同住宅の地上6階建の複合ビルで、上階からの吊り構造を用いているため外観のランダムな構成が可能となっている。説明の中で「人口地盤」と話していたとおり、6階の住戸群は屋上に新たな都市があるようだ。かつて広島で見た大高正人氏設計の坂出人口土地も上階を歩いてワクワクしたが、まさに現代版「坂出人口土地」だ。

b0055521_21514331.jpg

そんな魅力的な屋上から取った高円寺の写真。普段は高いところから高円寺を見る事もないので前面の商店街のとおりを撮る。今になって写真を見ると淡い屋根がたくさんあり、1枚のフレームに入るととても色合いのいい綺麗な景色だ。
オープンハウス終了後、この足で高円寺のCS246へ。いつもは夜しかお邪魔してないので昼の高円寺の雰囲気を確かめる。さらに高円寺を落合ガイドでくまなく歩き回る。なんとなく高円寺の雰囲気を感じ取る。

b0055521_2151548.jpg

家路へ帰る途中、日本橋駅にて途中下車。
いつもは、帰路の乗り換えにしか過ぎない日本橋駅だが、駅を降り、というか昇り、地上へ出ると広くて大きい道路と歴史を感じる建物群が道路に沿って立ち並んでいた。

[PR]
by tdysch | 2008-06-01 21:50 | Ar ch(建築)
小さなことから。
b0055521_1383766.jpg

今日は朝から病院の調査へ。病院は規模が大きいだけに様々な要望が存在する。

だが、小さい組織だけに建替などやることは非現実的だ。
小さい事で病院を大きく変化させることをしたい。
やりたいことの目処はついてる。
まずはクライアントを納得させる前に、周りを納得することから始めよう。

[PR]
by tdysch | 2008-05-01 12:53 | Ar ch(建築)
スタディ、アイディア。
b0055521_0321296.jpg

どこに向かってスタディをするのか。1/1を実現するためか。プレゼン用の模型を実現するためか。それとも何の為につくっているのか。

アイディアの先の、実現する為のアイディア。

要は射程をどこを見ているか。

このあたりが当分僕の課題になりそうだ。

[PR]
by tdysch | 2008-03-24 00:28 | Ar ch(建築)
建物の息吹。
最近、建物を維持するための劣化調査をしている。
建築の設計が妊娠だとしたら、維持管理は子育てといったところか。
古くなった建物を見ていると、その節々にクラックや漏水跡などの傷があちらこちらに見える。それらを見ていると建物が日々変化を続け生き続けている様子が垣間見える。
建物は60年建っていれば評価されるという。ならば竣工後40年経った建物たちはいわばお年寄りのようなもの。ならばこれらの傷跡を直す僕らは、医者かはたまた介護士か。
b0055521_114124.jpg

鉄筋爆裂
b0055521_13169.jpg

クラック補修跡
b0055521_133830.jpg

未仕上室の当時の型枠
b0055521_1104470.jpg

うなるPタイルに光があたる様子。
b0055521_1114083.jpg

おまけ

[PR]
by tdysch | 2008-03-18 01:02 | Ar ch(建築)
ひとつの素材の集積。
b0055521_15285175.jpg

日経アーキテクチュア2008年3月10日号
海外先進事例 スイス連邦工科大学チューリッヒ校の試みより

Gramazio & Kohler 氏の研究事例に注目。
ひとつの素材の集積(雑誌ではレンガ)でファサードを作り出す。
ひとつの固い素材から柔らかな動きや表情が現れている。
コンピュータ解析(デジタル・マテリアリティ)によりさらに精巧な動きが表現されている。

最近、小さいものの集積でひとつの大きなものができあがることに興味があり、少し興奮。

(※写真はhttp://www.dfab.arch.ethz.ch/?lang=d&loc=DFAB&this_page=homeより抜粋。)


Link:
日経アーキテクチュア2008年3月10日号
http://www.dfab.arch.ethz.ch/?lang=d&loc=DFAB&this_page=home

[PR]
by tdysch | 2008-03-10 15:24 | Ar ch(建築)
中小オフィスの可能性を探る。
b0055521_1393047.jpg

学生時代の友人からの誘いで、山中事務所とPEA...でコラボしてオフィスのコンペに参加することに。
オフィスとバルコニーの関係。
バルコニー、なさそうであったらいいなと、日々の生活と模型を頭の中で見比べながら想像は膨らむばかり。

[PR]
by tdysch | 2008-01-20 01:43 | Ar ch(建築)
10+1 No.49 特集=現代建築・都市問答集32。

テクノロジーロマン 「エネルギーリテラシー」に執筆しました。
b0055521_21279.jpg

[PR]
by tdysch | 2007-12-25 01:23 | Ar ch(建築)