大きさを緩和するツール。
b0055521_1355516.jpg
写真1枚では納めきれない大きなプロジェクトエリア。神の眼のみぞ知るこの大きなプロジェクトエリアをなんとか人の眼に落としたい。
その解決法はわからないまま、この小さな目標を達成すべくとりあえず手を動かす事で模索してみることに。


b0055521_14184614.jpgとりあえず出力してみた僕の身長ほどの大きな紙にこれまで行ってきた調査を大きな図面の中に書き込んでみる。エリア内の動線(人の動く場所、車の動く場所など)や高低差をどんどん書き込んでみることに。





b0055521_1418545.jpgとりあえず出力してみた僕の身長ほどの大きな紙にこれまで納めてきた写真をカッターで切り、それぞれ貼付けてみることに。






b0055521_1419378.jpgと同時にとりあえずこれまでの木のプロットをパソコンにデータ化してみることに。


これまでそれぞれ断片的に行ってきたそれぞれの行為を、すべての作業を同時に行うことでまた「紙」という2次元に落とす事で全体像が見えてくる。。

それにしてもパソコンの画面を写真とるとすごくモアレるんだなあ。

[PR]
by tdysch | 2004-11-21 13:55 | Ar ch(建築)


<< 変わらない場所。 今日は早起きして。 >>