下田に埋まっているもの。
本日はPEA...の2人で下田へ。下田は本日も快晴です。
昼食の後、ブックレットの可能性を知るべく、地元の不動産屋へ向かう事に。
地元の不動産事情などを伺いながら、その中でのブックレットの位置付けを考えます。
途中お隣の看板屋のご主人も乱入し、今後の下田について熱い議論が繰り広げられる。こちらにとってはとても貴重な意見をもらう。
その流れで看板屋さんのご主人に連れられ看板屋さんへ行き、話の続き。
ご主人は個人で今年の6月に開港する静岡空港に向けた伊豆の観光ネットワークの提案をしているとのこと。提案書を拝見させてもらう。
下田の町の今後のこと、外部から来るまちづくりの活動の是非、など場所を移しても熱い議論は更に続く。その後奥にある個人で書き貯めているスケッチやこれまでの提案書などを閲覧させてもらう。個人的にここまでやっていることにただただ脱帽。

くしだ蔵へ戻り、スタディプロジェクトの事前準備をする。

そして朗報が。パネルの引取先が見つかり一安心。地元でこのパネルたちが利用されるということが何よりの朗報です。
b0055521_13452952.jpg
b0055521_13451775.jpg
b0055521_13454648.jpg
b0055521_13455487.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kushida-kura/
[PR]
by tdysch | 2009-01-10 13:41


<< 横浜。 ブックレットの可能性。 >>